俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

昼酒の深み知りたる花見かな

作者 負乗  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

中七に何かもっと面白い言葉があったら、どなたか…
不埒な内容の句ですが。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

初花や日の高きほど酒は美味

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

負乗さん、こんにちは。

御句、意味が二通りに取れます。
昼に飲む酒の味に深みを感じているのか、昼に酒を飲むという行為そのものに深みを感じているのか、どちらでしょう。
「深み知りたる」という表現がやや曖昧な事もあり、言いたい事がブレているような気がしました。

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

老いし母せめても庭の花筵

作者名 竜子 回答数 : 4

投稿日時:

衣替え一六歳でママになる

作者名 鳥田政宗 回答数 : 0

投稿日時:

点滴のつひの一滴秋深む

作者名 たけたけ 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『昼酒の深み知りたる花見かな』 作者: 負乗
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ