俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

エロ本の最中の誤字や秋ともし

作者 加良太知  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

表現したい画面:秋の夜のともし火の下で官能小説などを読んでクライマックスの部分に来た時、突然誤字を見つけて読みにくくなってテンションが下がってしまった、という微妙な気持ちです。

最新の添削

秋の灯や濡れ場の頁に誤字の有り

回答者 秋沙美 洋

こんにちは、御句読ませて頂きました。
過去にporn hub の句を出した者としてあまり偉そうには言えないのですが、ちょっとこれは「エロ本」の語があからさまというか、強すぎるかなと思います。
また、句だけをパッと読んだ時、写真集か何かに乱丁でもあったのかな?という誤読の可能性もあります。官能小説だと分かるように詠みたいですね。

添削句では季語から始めて、措辞も大人しめにしてみました。いかがでしょうか。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「エロ本の最中の誤字や秋ともし」の批評

回答者 かぬまっこ

句の評価:
★★★★★

今日は👋😃
季語「秋ともし」は「テンションが下がってしまった」ということを言いたいのであるのなら合わないと思います。

エロ本の最中の誤字やそぞろ寒

点数: 2

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

知らぬ間に見つめ合ひたる内裏雛

作者名 なおじい 回答数 : 27

投稿日時:

眠剤の効き目至らぬ啄木忌

作者名 あらちゃん 回答数 : 2

投稿日時:

一枡は猫の出入りや白障子

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『エロ本の最中の誤字や秋ともし』 作者: 加良太知
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ