俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

触れずして見る残雪の美雪かな

作者 負乗  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

春になっても踏まれず、汚されず…
山の奥にはそんな雪が残っているはず…
季重なりかな。

最新の添削

山奥の雪の白さを思いけり

回答者 よし造

拙句コメントありがとうございます。我は「あ」と読みます。
御句 山が好きなので詠みたい気持ちは分かります。ただ、コメントから見ると、句意が分かりにくいように思います。私なら、思いをそのままということで拙句です。なお、美雪という常套句は避けた方がよいかと。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「触れずして見る残雪の美雪かな」の批評

回答者 かぬまっこ

句の評価:
★★★★★

今日は👋😃

触れるずして見る残雪の美しき

ただ、夏井先生風に言えば「見ているから詠む」のだから「見ている」はいらないかと…。

点数: 1

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

触れずして見る融け残りたる深雪

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

提案句としてはかぬまっこ様の方が綺麗ですので、そちらで・・・

この句の「見る」は「触れず」との対比になっているので、削除できないかな・・・と思います。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

朝霞またねシャンシャン中国へ

作者名 春野ぷりん 回答数 : 3

投稿日時:

野の花の紋白蝶の忙しなさ

作者名 いつき 回答数 : 3

投稿日時:

今のうち客の切れ間に氷菓食ぶ

作者名 綱子 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『触れずして見る残雪の美雪かな』 作者: 負乗
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ