俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

花散るや逆さに上がる砂時計

作者 藤井茂  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

砂時計は落ちるものと思ってましたが反対に上がるのもあるのですね。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

小町忌や逆さに上がる砂時計

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

句材として中七下五は面白いですね。実物なのに、受け手によっては深い比喩を感じてくれそうです。
それだけに、上五「花散る」という具体的な時間経過を表す季語は、付きすぎなのではないかと・・・

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

夏休み忍者を走らせる車窓

作者名 晴峯旬草 回答数 : 1

投稿日時:

朴落葉忘れしごとくまた一葉

作者名 久田しげき 回答数 : 3

投稿日時:

夏近し駐輪場のとりどりと

作者名 たーとるQ 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『花散るや逆さに上がる砂時計』 作者: 藤井茂
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ