俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

春禽の風を捉へて去りゆけり

作者 久田しげき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

暫く騒いでいたが風とともに。

最新の添削

「春禽の風を捉へて去りゆけり」の批評

回答者 佐渡

久田しげきさん!おはようございます。
いつもお世話になっております。

秋時雨の添削ありがとうございます。
勉強になります。
これからもよろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「春禽の風を捉へて去りゆけり」の批評

回答者 登盛満

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
春◯の◯の字がどうしても読めなくて、春◯の風とはどういう風が知りたいと思っております。誠に申し訳ないのですが、教えていただけませんでしょうか?

点数: 0

添削のお礼として、登盛満さんの俳句の感想を書いてください >>

春禽の風とともにや飛んでゆく

回答者 翔子

句の評価:
★★★★★

久田しげき様
何の鳥だったのでしょうか?この季節なら、何でしょう?かぬまっこ様に句は、瞬間を詠むものとの事で、注意しておりますが…。なかなか。今日は一度も外に出ず、日の光を浴びておりません。何となく体がだるいです💦

点数: 0

添削のお礼として、翔子さんの俳句の感想を書いてください >>

「春禽の風を捉へて去りゆけり」の批評

回答者 登盛満

句の評価:
★★★★★

ありがとうございました。とてもすっきりとして、そしてもちろん大変勉強になりました。春の鳥全般を言うのですね。この頃の鳥の様子を見ていると、確かに春になって、さえずりも飛び方までも、寒かった冬の頃と違って来ているように感じられます。

点数: 0

添削のお礼として、登盛満さんの俳句の感想を書いてください >>

春禽の風を捉へて羽ばたけり

回答者 森本可南

句の評価:
★★★★★

こんばんは、久田さん。
久田さんに、添削するなんて、おこがましこと、すみません。
鳥たちが、風をかんじて、飛び立つ様子は、去るというより、羽ばたくのほうがポジティブな感じがしました。トンチンカンだったら、すみません。

点数: 0

添削のお礼として、森本可南さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

流る汗夢を掴むぞ甲子園

作者名 優子 回答数 : 3

投稿日時:

夕暮れの雲の綾ぬけて鳥渡る

作者名 水谷 回答数 : 4

投稿日時:

うんていの手に鉄の香や植田風

作者名 げばげば 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『春禽の風を捉へて去りゆけり』 作者: 久田しげき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ