俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

シャンプーをいつも嫌がる炬燵猫

作者 黒徹  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

体験をもとに書きました。

最新の添削

シャンプーに暴れる猫や春の朝

回答者 秋沙美 洋

てつさん、こんにちは。
御句読ませて頂きました。

炬燵猫は読んで字のごとく、炬燵でのんびりしている猫を指す季語です。イサクさんが言うように、炬燵で猫にシャンプーをしているような不思議な句になっています。
どうしても炬燵と猫とシャンプーを組み合わせたいなら、炬燵で寝ている猫をひっぺがして風呂場へ連行する、といった光景を描けば出来そうですが、字余りは避けられそうにないですね。
ここはコタツを諦めて、シャンプーを嫌がる猫と使い勝手の良い季語とを合わせて詠んだ方が無難かと思います。
ちなみに「春の猫」とした場合、別の季語になってしまいますのでご注意を。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

シャンプーを嫌がる猫や春浅し

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

この句は季語「炬燵猫」が機能しておりません。炬燵の上でシャンプーをしようとしている句になっています。
形として「猫」ならばなんでも良い句になっており、さすがに季語に対して失礼なので、ここは変更したいと思います。
安直にやれば
・シャンプーをいつも嫌がる猫や春
ですが、俳句は「いつも」など継続する状態を詠むのに向いていませんので、こちらも削り、下五を全く別の季語にします。これで提案句です。
・シャンプーを嫌がる猫や春浅し

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

さえずるはあめのよろこびあおがえる

作者名 緋夢灯 回答数 : 2

投稿日時:

ちやぽちやぽとこぽこぽこぽと泉かな

作者名 ちゃあき 回答数 : 10

投稿日時:

古き司祭神間違ふや初詣

作者名 森田拓也 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『シャンプーをいつも嫌がる炬燵猫』 作者: 黒徹
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ