俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

うぐひすの鳴き終ふとみて雛納む

作者 秋沙美 洋  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

だから長女は婿とれぬのだ

最新の添削

鶯の鳴きやむ気配雛納め

回答者 よし造

拙句 雛の句・・ありがとうございます。参考にします。
御句・・・実景派だから、季重ねは気になりません。すでに鶯は鳴いています。「て」は説明的になりやすい感じがしました。提案句です。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「うぐひすの鳴き終ふとみて雛納む」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

「うぐひす」「雛納め」どこまで狙ってやっているか・・・という句なので、句意をはっきりお聞きするまで全体を添削するようなことはできない句なのですが。

一点。

「うぐいすの鳴き終わり」は初鳴きと違って季語ではないようですが、一般的には初夏以降かと・・・繁殖期が初夏ですので・・・そこまで狙っていたら、この句は逆に「季語っぽい語のある無季俳句」です(「雛納め」を初夏以降にやっていることになり、季語として機能しない)。

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

豆腐屋の鐘の近づく春夕べ

作者名 げばげば 回答数 : 6

投稿日時:

七夕や願い愛らしクレヨン画

作者名 山口雀昭 回答数 : 6

投稿日時:

蜥蜴穴出でてすぐさま虫に逢ふ

作者名 負乗 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『うぐひすの鳴き終ふとみて雛納む』 作者: 秋沙美 洋
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ