俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

ねぎ刻む音に目覚めし頃のこと

作者 よし造  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

子供の頃、家が小さかったから、思えば家中の音が聞こえたものだ。
回想句ばかりだけど。

最新の添削

「ねぎ刻む音に目覚めし頃のこと」の批評

回答者 かぬまっこ

よし造さま
私の
友がゐて余寒を言へりさう思う
の句にコメントありがとうございました。
この句の元になった句は
妻がゐて夜長と言へりさう思う 森 澄雄
です。
ちょっと真似てみました。

葱刻む音の目覚めや幼き日

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

ねぎ刻む音に目覚めし寝ぼけ顔

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

『恋人や奥さんと住んでいて、今は事情があって一人暮らしになって、当時を懐かしんでいる』という句なのかと思ってしまいました。
この句は下五で「回想している今の自分」が前に出てきているので、難しいですね。

某プレバトの上位男性陣が得意にしていますが、「回想」を詠むのではなく「当時の自分」をストレートに詠めばよいのではないでしょうか? 「例えば」という提案句を置いておきます。

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

六つの花指で抉りて飴を置く

作者名 めい 回答数 : 3

投稿日時:

色鳥の梢に音色澄み渡る

作者名 三男 回答数 : 7

投稿日時:

春の朝子には聴こえる電車音

作者名 晴峯旬草 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『ねぎ刻む音に目覚めし頃のこと』 作者: よし造
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ