俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

二時過ぎし時刻吾の筆と雪の声

作者 ふぁあ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

読み方:にじすぎしとき あのふでとゆきのこえ
高校生が受験勉強へ向けてラストスパートをかける雪の降る冬の夜の自室を描いた。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

受験生筆走らせて雪夜かな

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。はじめまして。よろしくお願いします。

ちょっと単語の雰囲気に酔っているのが見える感じになってますね。全体的に意味がわからなくなっていて厳しいです。

・「二時過ぎる時刻」・・・結局、何時なのでしょう? 二時過ぎならば「時刻」とわざわざ言わなくても。
・「吾の筆と雪の声」・・・なぜ助詞は「と」なのでしょう? 「筆」も「雪」も声を出しているということでしょうか?
・「雪の声」ってなんでしょう?
・コメントの「高校生の受験勉強」はどこ? 「吾の筆」だけでは、受験とはわかりません。
・コメントの「夜」はどこ?

コメントに近い句を作るならば、たとえば
・受験生筆走りたる午前二時
・受験生筆走らせて雪夜かな
いかがでしょうか。

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

たぶんだが寅は幸せ麦の秋

作者名 こま爺 回答数 : 1

投稿日時:

良宵やこれを最後の煙草とす

作者名 つちや郷里 回答数 : 5

投稿日時:

バリウムの白きペンキや花曇

作者名 ふり 回答数 : 8

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『二時過ぎし時刻吾の筆と雪の声』 作者: ふぁあ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ