俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

梅雨空を見上げて探す共の魂

作者 もきゃいち  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

初めて俳句を作ってみました。7月に亡くなった親友を想い詠みました。想いはこめましたが、俳句としてどうなのかわからないので、添削お願いしますの

最新の添削

梅雨空の果てへと探す共の魂

回答者 大須賀一人

梅雨空を見上げながら歩くのは何かがこぼれないようにする為でしょうか?
見上げる雨雲の上にはきっと太陽が有るのでしょう。
即興の上、季節もやや違いますが一句
「スキヤキを喰ふて九忌の空模様」

点数: 1

添削のお礼として、大須賀一人さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

梅雨空に友の魂探す朝

回答者 ハオニー

妙に気取った所もなく、思いを素直に綴った句だと思います
しかも「友の魂は、梅雨空をずぶ濡れになりながらさまよっているのではないか?」という詩的な表現も感じられます
なかなか味のある句ですね

直す必要のあるところ、強いて言うなら「見上げる」ですね
梅雨空といった時点で、梅雨空を見上げている人の存在は想像できますから、なくても伝わります

ここに時間情報を入れると、詩的な表現に磨きがかかります
朝を入れると「友の魂は、ずぶ濡れになりながら一晩中さまよってはいなかっただろうか?」なんて思いが入りますし
夜を入れると「友の魂は、ずぶ濡れになりながらもさまようことなく行くべき所へ行ったのだろうか?」という思いが入ります

あまり直しすぎると、この句に込められた思いを変えてしまうことになるので、このくらいの手直しがちょうどいいかもしれません

点数: 2

添削のお礼として、ハオニーさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

新雪へ飛び込む犬の網を曳く

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

毛づくろふ舌のあかるき子猫かな

作者名 げばげば 回答数 : 8

投稿日時:

蝉が乗る無賃乗車の無人駅

作者名 山口雀昭 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『梅雨空を見上げて探す共の魂』 作者: もきゃいち
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ