俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

大吉で心救わる初みくじ

作者 濱田 佳  投稿日

要望:褒めてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

失業と失恋が重なり、心が重苦しい日々が続いていました。
年の始めにおみくじを引いたら、大吉が出出て、心が救われたような気持ちになったので俳句にしました。

最新の添削

大吉へ向かう未来や初みくじ

回答者 イサク

こんばんは。

嫌なことをそうとは詠まずに感じさせようというのはいいですね。
「心救わる」というのが抽象的で、具体的ではないので、「安心」などと詠んだ方がよいのかな、と思います。提案句はもうひとひねり・・・

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「大吉で心救わる初みくじ」の批評

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

濱田さん、はじめまして。
御句読ませて頂きました。

光景が思い浮かびます。仕事が上手くいかなかったのか、学校の試験がダメだったのか、恋人に振られたのか、色々な背景が想像出来ます。
そこに大吉の初みくじ。心救われたんでしょうね。

「心救わる」が心情が入り込んで、ややストレート過ぎるかなと思います。より客観的に、出来事だけを描写する方向で

「傷心に大吉来るや初みくじ」
としてみました。

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

遊戯場の数字揃うや渡り鳥

作者名 二葉ミノル 回答数 : 1

投稿日時:

初夏の浅瀬子どもを押してみる

作者名 宮本宏之 回答数 : 1

投稿日時:

秋の空ミルキーウェイ輝きて

作者名 堀籠美雪 回答数 : 6

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『大吉で心救わる初みくじ』 作者: 濱田 佳
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ