俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

携帯の拾ふ足音霜柱

作者 そうり  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

一週間ぶりの投句、、、よろしくお願いします。

最新の添削

「携帯の拾ふ足音霜柱」の批評

回答者 いなだはまち

そうりさん
ご迷惑をおかけしまして、申し訳ございませんでした。
本サイトで添削めいたことはいたしませんが、ご活躍ぶりは拝見してをりますので、益々俳筋力を鍛へてください。良かったら「鑑賞」へもお顔を出してください。
よきお年をお迎へください。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「携帯の拾ふ足音霜柱」の批評

回答者 翔子

句の評価:
★★★★★

そうり様
サクッサクッという感じでしょうか?サクサクかな?霜柱、踏むのが好きです💦雪とか、まだ誰も歩いていない所を踏める時の、何とも云えない快感というか💦バタバタしてきましたのでここら辺で失礼致します。すみません🙇💦

点数: 1

添削のお礼として、翔子さんの俳句の感想を書いてください >>

「携帯の拾ふ足音霜柱」の批評

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

そうりさん、こんにちは。
御句読ませて頂きました。

最初何の事を言っているのか分かりませんでした。
が、何回か読んでいる内に、電話で話している相手の声と一緒に霜柱を踏む音まで拾っている…という意味かなと解釈しました。

もしそうだとしたら、霜柱を踏んでいる足音だと分かるようもっと素直に読んだ方が、この句の場合は得かなと思います。

「霜柱踏む音拾う通話越し」
としてみました。

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

霜柱携帯通話に音混じり

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

御句拝読しました。秋沙美様も仰られておりますが、「携帯の向こうで霜柱を踏む音がする」という句意で正しい
のでしょうか。少し自信が持てません。
もしそうだとしたら、携帯の音声を季節として俳句で表現するという、面白いけれどとても難しいことに挑戦していらっしゃいますね。
「霜柱」で「音」ならば「足・踏む」が不要ですし、携帯ということで「拾う」も不要かも?「霜柱」が早めにわかった方が景が見えやすいか?などなど、さらなる句の整理が必要かもしれません。
添削句もけしてうまく作れているとは思いませんが、ご参考まで。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

目の前を轟く白き湯滝かな

作者名 かぬまっこ 回答数 : 18

投稿日時:

炎天下黄薔薇めいて清掃員

作者名 孫春艶 回答数 : 1

投稿日時:

海原を照らす初日と頬の紅

作者名 御伽草子 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『携帯の拾ふ足音霜柱』 作者: そうり
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ