俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

冬銀河鉛のごとく眠りをり

作者 しろたん  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

季語が近すぎると指摘を受けました。

最新の添削

「冬銀河鉛のごとく眠りをり」の批評

回答者 秋沙美 洋

しろたんさん、こんにちは。
御句読ませて頂きました。

合っているかどうか分かりませんが、僕の読み方として
「冬銀河/鉛のごとく眠りをり」
つまり、冬銀河を見ながら鉛のように眠る人を想像しました。
もしそうだとしたら

「冬銀河鉛のやうな我が眠り」
とかどうでしょ。

他の方のコメントを読んで、眠っているのは冬銀河であるという解釈もあるなあと思いますが、季語である冬銀河を安易に擬人化させない方がいいかなと。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

冬銀河雲の向かうに眠りをり

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

はじめまして。こんばんは。

正直なところ、句意がつかみきれません。擬人法があまり効いていないように見受けられます。冬銀河が「眠る」というのは、なぜ眠っていると感じるのでしょう?起きたらどうなるのでしょう?というのを受け手に想像させてほしいと思ってしまいました。

ところで、熟睡といえば「泥のように」ですが、敢えて「鉛のように」という語を使っていらっしゃるので、近いというのはそこですかね・・・?それは指摘された方に聞いてみないとわかりません。

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

仕事さき青い朝顔いと涼し

作者名 優子 回答数 : 1

投稿日時:

杪夏懐かしきかな立夏の蝉時雨

作者名 すずna 回答数 : 3

投稿日時:

秋祭り御輿を前に巫女が舞う

作者名 えこ 回答数 : 6

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『冬銀河鉛のごとく眠りをり』 作者: しろたん
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ