俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

我が友と鷹鳩となり二人酒

作者 イサク  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

鷹の句ではありません。冬の句でもありません。

最新の添削

我が友と鷹鳩となりはしご酒

回答者 ゆっこ

ありがとうございます✨確かにおっしゃる通りでしたね☺️それにしてもこんな難しそうな季語を使いこなすとは感服いたします🙇‍♀️下五「二人」はあえて強調したのかな💡

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、ゆっこさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「我が友と鷹鳩となり二人酒」の批評

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

イサクさん、こんにちは。
御句読ませて頂きました。

良いですね。多分、昔ヤンチャしていた二人なんだと思います。
久々の二人酒の機会。俺もお前もすっかり丸くなっちまったなー、なんて笑い合いながら酌をする男の映像が浮かんできます。

ただ、もし僕の解釈が合っている場合…「昔は鷹だったけど今鳩になっている」というのがより分かりやすい作りにすると、もっと良くなると思います。
削る候補としては「我が」でしょうか。

「二人酒鷹だつた友鳩となり」
こうすると、友の過去が少し鮮明になってくると思うのですが、いかがでしょうか。

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

「我が友と鷹鳩となり二人酒」の批評

回答者 そうり

句の評価:
★★★★★

イサクさま
宜しくお願いします。「冬の蝶」ご鑑賞、句評ありがとうございます。励みになります。御句、、、完成された「佳句」と存じます。添削ではありませんが
「我が友と鷹鳩になる二人酒」としても、風景、趣が変わりますね!

点数: 1

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

「我が友と鷹鳩となり二人酒」の批評

回答者 鉄道員

句の評価:
★★★★★

イサク様、初めまして宜しくお願いいたします。おっしゃるとうりかと思います。よく考えず検証もせず、思いつきの句でした。貴方様の句ですが、昔同じような事があり懐かしく読ませていただきました。その二人は建設関係の人で、鳶か大工かという議論で大げんかになったそうで、後日内容を尋ねましたがバカバカしいのか答えてくれませんでした。今もとても仲の良い二人です。私は元句のほうが良いとおもいます。有難うございました、時節柄お体大切になさってください。

点数: 0

添削のお礼として、鉄道員さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

玉突きかバス横よぎり夜霧の中

作者名 おいちょ 回答数 : 1

投稿日時:

花曇りカラス鳴く声悲しげに

作者名 くまた 回答数 : 2

投稿日時:

すれ違うテールライトや雪女郎

作者名 大猫 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『我が友と鷹鳩となり二人酒』 作者: イサク
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ