俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

石段を一段上る冬木影

作者 そうり  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

時間とともに、影が伸びて石段を、、、。

最新の添削

石段を冬木の影の上るやう

回答者 南風の記憶

 そうり様、お世話になります。
 御句の「影が石段を上っていく」発想は、詩的で面白いと思います。ただこの語順だと、石段ではなく”人物が”石段を一段上ったようにも読めてしまうので、少し表現を工夫した方が良いように感じます。

例)石段を冬木の影の上るやう

 さて……ちょっとグチになるのですが、このサイトへの出入りを、そろそろ控えようか考え始めています。そうり様のように学ぶことに真摯な方とは、意見を交わすことで自分の勉強にもなるのですが、そうでない方には何を言っても”暖簾に腕押し”なので、あまり有意義じゃないなと(苦笑)。

 やはり自分で学ぶ気にならないと、なかなか難しいものですね……

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、南風の記憶さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「石段を一段上る冬木影」の批評

回答者 根津C太

句の評価:
★★★★★

コメントありがとうございます。
あれは比喩表現ではなく、本当に自分で自分を轢くという映像なのです。
意味がわからないと思いますが、元ネタのミュージックビデオがそうなので仕方ありません。
まぁ、Mステドタキャンでお馴染みのタトゥーですから、ぶっ飛んだ内容です。
選んだ題材が悪かったと思って諦めます笑

点数: 1

添削のお礼として、根津C太さんの俳句の感想を書いてください >>

石段を一段とばす冬木影

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

普段からそうり様身近に印象的な石段があるのでしょうね。神社とか・・・
御句、以前の「石段を上るほど冬深まれり」とつい見比べてしまいます。もしや自己添削句でしょうか?たまたま前の句にコメントを残していないのですが、今回の句の方が情緒的なところが少なく、風景として残る句になっているように思います。
初見では「夏の木の影と比べて、日が低いため影が長い」ということかと思いましたので句意とは違っていたようですが。
「石段」「一段」(意識的?無意識?)がリフレインっぽくなっているので、そこを生かすか止めるかでずいぶん雰囲気の変わりそうな句と思います。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「石段を一段上る冬木影」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

「髪乱れ」「山眠る」の句へのコメントありがとうございます。
他の方のコメントにも書きましたが「髪乱れ」は投句直前に咄嗟に直した部分の添削不足を痛感しております。やはり自分の句に真摯に向き合わないと、句は応えてくれないようですね。
然れども遊ぶ心や忘らるな(無季)

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

滝のぼる鯉のごとくに輝けり

作者名 げばげば 回答数 : 8

投稿日時:

月の距離測る物差しスカイツリ

作者名 晴峯旬草 回答数 : 4

投稿日時:

秋日和五平餅焼く宿場跡

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『石段を一段上る冬木影』 作者: そうり
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ