俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

しらじらと枯葉のフリのいぼむしり

作者 秋沙美 洋  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

捕食の時だけ素の姿かな

最新の添削

しらじらと枝葉のふりのいぼむしり

回答者 イサク

おはようございます。
この句は映像として「枯葉」に焦点を寄せてしまっているので、「いぼむしり」との季重ねになっているように見えます。主役は「いぼむしり」と思いますので、「草木」「枝葉」あたりの単語で言いかえるか、上五中七で枯葉を比喩した方が主役が立つのではないでしょうか?

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

吾知らず余命いくばく夏の月

作者名 さつき 回答数 : 2

投稿日時:

一月や屋根に被さる白の帽

作者名 翔子 回答数 : 5

投稿日時:

病床の窓辺一輪虞美人草

作者名 村山陽子 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『しらじらと枯葉のフリのいぼむしり』 作者: 秋沙美 洋
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ