俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

瞼重たくて正午の春紫苑

作者 ぱぷり缶  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

最近大きな失恋をしてしまったので、道端で見かけるたびに、どうしても春紫苑を詠みたくて試行錯誤しています。

最新の添削

「瞼重たくて正午の春紫苑」の批評

回答者 かりさん

パプリ缶様
はじめまして。
添削ありがとうございます。
まだ、俳句に慣れず語順を変えてみるという考えに至らなかったです。とても参考になりました。

春紫苑の豆知識?になるかどうかわかりませんが…子供の頃この花のことを貧乏草と呼んでいました。地方特定の俗語でしょうかね?

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、かりさんさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

泣き濡れて午後は輝く春紫苑

回答者 翔子

句の評価:
★★★★★

ぱぷり缶様
添削ありがとうございます。自分が思っていた以上の高評価を頂いて、恐縮です。提案句、泣き濡れて、は、どうかと思ったのですが、うまく考えられずにすみません💦悪い事の後には良い事があるはずだから、という思いを込めて作りました。

点数: 1

添削のお礼として、翔子さんの俳句の感想を書いてください >>

「瞼重たくて正午の春紫苑」の批評

回答者 翔子

句の評価:
★★★★★

泣き濡れて、じゃなくて、比喩表現で黒い雲とか暗い雲とか朝とかの方が良いですかね?あまり詳しくなくてすみません💦

点数: 1

添削のお礼として、翔子さんの俳句の感想を書いてください >>

瞼重たし昼どきの春紫苑

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★
★★

ぱぷり缶さま

春:はるじおん
夏:ひめじょおん
と、似て非なる、ですね。
茎を折れば分かるらしい。😁

重たくては、説明くさくなりがちかと。
句意が異なりましたらすみません。🙇

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

「瞼重たくて正午の春紫苑」の批評

回答者 そうり

句の評価:
★★★★★

ぱぷり缶さま
初めまして、こんばんわ。「袋角」の句評有難うございました。今後ともお目に留まりましたらよろしくお願いします。
「御句、、コメントに失恋、、、とありましたので、「次の恋には、行けず、春紫苑がまだ自分には眩しすぎて、、、」というニュアンスで提案句を作って見ました。
「午後の陽に眩しく揺れる春紫苑」、、、句意に沿いませんでしたらすいません。少しでも参考になれば幸いです。

点数: 1

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

部屋干しの洗濯物や目刺焼く

作者名 ちゃあき 回答数 : 3

投稿日時:

鴉のみ知る夕焼けや歌舞伎町

作者名 卓鐘 回答数 : 5

投稿日時:

ヘビ道に踏んではならぬヘビ逃げる

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『瞼重たくて正午の春紫苑』 作者: ぱぷり缶
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ