俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

冬構もう一段と薪を積み

作者 素一  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

別荘地やちょっとしたブルジョワでは薪ストーブで暖を取っています。

最新の添削

「冬構もう一段と薪を積み」の批評

回答者 猫山竹

お早うございます、葉脈の句の添削ありがとうございます✨遅くなってしまいすみません!一葉落つ、という季語があったとは知らずに、冬季語「落ち葉」のつもりで詠みました。一葉落つ、とすると桐の葉を表すのですね!大変勉強になりました✨またご教示いただけたら幸いです。
揚げられた御句、シンプルに生きること、生活の美が感じられる佳句と思いました!
語順、状態の描写、お手本にさせていただきます。
こちらの句も、私の中では素一様の冬耕の句と同じ地続きの世界の違う場面…という感じで、ミレーのような自然主義的な絵画を彷彿とさせます。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、猫山竹さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「冬構もう一段と薪を積み」の批評

回答者 そうり

句の評価:
★★★★★

素一さま
宜しくお願いします。私の居住地は本日、二十度で実感がないのですがもう、そのような季節なのですね。年のせいもあるのか、、、一年あっとゆう間です。御句の景を想像し実感しています。語順と中七の描写を変えて、参考句を捻って見ました。
「薪積みの半日仕事冬構」、、、添削ではありません。あくまで参考句です。

点数: 1

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

「冬構もう一段と薪を積み」の批評

回答者 ささゆみ

句の評価:
★★★★★

素一さん、こんばんは。
いつもコメントと添削ありがとうございます。
薪ストーブ、憧れます。

薪割りの音響きおり冬構え

思い付いたので挙げてみましたが、なんかこれ、類句ありそうですね。失礼しました。
また、ご意見お願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、ささゆみさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

寺の塔大河に尖る野分痕

作者名 一本勝負の悠 回答数 : 3

投稿日時:

春の雨湯のみでちびりちびりかな

作者名 豆柴 回答数 : 1

投稿日時:

望郷の雫誤魔化す杉花粉

作者名 あき 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『冬構もう一段と薪を積み』 作者: 素一
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ