俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

カモメ飛ぶあおいそら水平線沈む

作者 金澤 理恵  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

海の青い空に
カモメが飛んでいる
その先に水平線が見える。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

水平線目指すやカモメ青空へ

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

金澤さん、こんにちは。
御句読ませて頂きました。

無駄な語句が多いかなあという印象です。カモメと青空を取合せると十中八九そのカモメは飛んでいるので「飛ぶ」は不要かなぁと思いました。
あと「水平線沈む」という措辞もピンと来ず…水平線ってそれ自体が沈むのではなく、夕陽や船の影を「沈ませる」ものです。ここも一考の余地ありかと。

読もうとしている光景は素敵ですので、必要な分は残しつつ一句提案します。

水平線目指すやカモメ青空へ

点数: 0

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

マンモスの肉体保つ凍土よ

作者名 鬼胡桃 回答数 : 4

投稿日時:

うめぼしの種あり洗ふ秋の夜

作者名 いなだはまち 回答数 : 5

投稿日時:

小魚の影泳ぎたる泉かな

作者名 シゲ 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『カモメ飛ぶあおいそら水平線沈む』 作者: 金澤 理恵
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ