俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

招かれぬカメムシ来たる夕餉時

作者 ささゆみ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

ちょっとしたパニックになります。迷惑千万。

最新の添削

放屁虫飛び込むは夕餉のカレー

回答者 秋沙美 洋

ささゆみさん、こんにちは。
御句読ませて頂きました。

面白い句です。読み手の慌てふためく様子が想像出来ました。
こうすると読み手はもっと慌てふためくんじゃないかなーという案を。

放屁虫飛び込むは夕餉のカレー

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「招かれぬカメムシ来たる夕餉時」の批評

回答者 鳥越暁

句の評価:
★★★★★

おはようございます
思わずくすっとしました。カメムシは亀虫と表記した方がいいですよ。
それとリズム的にブツブツと切れてしまう印象なので、上五を変えてみてはどうでしょうか
◆いつの間に亀虫来たる夕餉時

点数: 2

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

「招かれぬカメムシ来たる夕餉時」の批評

回答者 そうり

句の評価:
★★★★★

ささゆみ様
こんにちわ。あるある、、、ですね。景が浮かびます。俳句では、外来種も含め「動植物」は漢字、ひらがな標記が原則だそうです。夕餉時に亀虫がいるのだから「来たる」は省略でしそうです。「招かれぬ」も季語「亀虫」に含まれていそうですね。参考句を捻ってみました。「亀虫の匂い持ち込む夕餉時」句意を損ねましたらご容赦願います。

点数: 1

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

磨硝子凡句と笑え雨蛙

作者名 卯筒 回答数 : 2

投稿日時:

満ち足りて桜見上げる二人かな

作者名 黒髪 回答数 : 2

投稿日時:

雪形や土の目覚める鋤の音

作者名 鳥越暁 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『招かれぬカメムシ来たる夕餉時』 作者: ささゆみ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ