俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

腕枕ねこと取り合う秋の昼

作者 おはる  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

帰省した際、実家の猫が旦那の腕枕で寝ているのを見て。
親に、腕枕取られてるよと言われ読んでみました。

最新の添削

「腕枕ねこと取り合う秋の昼」の批評

回答者 猫山竹

おはる様
雌菜揉みの句コメントありがとうございます😊
猫と腕枕取り合い🐈…羨ましい限りです!しかも「秋の昼」の使い方もこれ以上ないくらいに非常に生きていますね。にゃんことの生活の幸せ❤️を詠んだ素敵な句だと思います!

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、猫山竹さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「腕枕ねこと取り合う秋の昼」の批評

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

おはるさん、こんにちは。
御句読ませて頂きました。

うわーこの句めっちゃ好きです!!
家族の腕枕を猫ちゃんと取り合ってる、秋の昼下がりの光景がバチっと浮かびました。
こういう平和な日常を飾らない言葉で描いた句、大好きです。
初読の印象では小さな子供とパパかなーと思ったのですが、旦那さまでしたか。とはいえ「夫の腕枕〜」などとクドクド書いてたらせっかくの雰囲気を損ねてしまいますので、この句は今の姿がベストだと思います。

点数: 2

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

「腕枕ねこと取り合う秋の昼」の批評

回答者 かこ

句の評価:
★★★★★

台風の句へコメントいただきありがとうございます😊
来ると怖いけど来ないと気が抜けるというか、我がままですね。

貴句ですが、状況がよくわかる、リズム感があるというか、畳みかける感じがスムーズで上手いなぁと思います😃季語もぴったりですね。春の昼、夏の昼、冬の昼どれとも交換できない、季語が動かないという感じです。

点数: 1

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

「腕枕ねこと取り合う秋の昼」の批評

回答者 ゆめこ

句の評価:
★★★★★

旦那様の腕枕を猫と取り合うとは可愛い句ですね。そして自分の腕枕を取り合う様子を見て、旦那様もきっと幸せを感じてるに違いないと想像できました😽

点数: 1

添削のお礼として、ゆめこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

束ねゆく稲架から一本子が振るう

作者名 晴峯旬草 回答数 : 1

投稿日時:

ぶんぶんと寄ってくる蜂寄らぬ蜂

作者名 あらちゃん 回答数 : 5

投稿日時:

春めいてナイショばなしの忘れもの

作者名 和光 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『腕枕ねこと取り合う秋の昼』 作者: おはる
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ