俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

秋風やさつまいも掘る吾と童

作者 武照  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

秋風が心地よく吹く中、子どもたちとさつまいもを掘る。涼しい風のなか、子どもと大人がやいのやいのと楽しく騒ぎながら芋掘りをする。

最新の添削

「秋風やさつまいも掘る吾と童」の批評

回答者 いなだはまち

武照さん
御句について。

季語:秋風(あきかぜ)三秋
【子季語】
秋の風、白風、金風、爽籟、風爽か
【解説】
秋になって吹く風。立秋のころ吹く秋風は秋の訪れを知らせる風である。秋の進行とともに風の吹き方も変化し、初秋には残暑をともなって吹き、しだいに爽やかになり、晩秋には冷気をともなって蕭条と吹く。秋が五行説の金行にあたるので「金風」、また、秋の色が白にあたるので「白風」ともいう。

季語:甘藷(さつまいも)仲秋
唐藷/琉球藷/蕃藷/薩摩薯/島いも/紅薯/甘藷堀/甘藷畑/藷蔓/甘藷の秋/干藷/藷
【解説】
ヒルガオ科の一年生作物。中南米原産。十七世紀前半、九州に伝来。種類が多い。初秋から掘り取りがはじまる。
紡錘形で紅紫色の塊根は、格別の風味と甘さがあるので、焼いたり、煮たり、蒸かしたりして食されてきた。
*きごさいより転載

鑑賞:
さつまいもを子どもたちと掘る作者。笑顔と歓声がある。尻もちをついて笑う子、なかなか抜けなくて苦戦している子、友だちを手伝う子。そんな光景を眺めながらニコニコしている作者の姿が見えます。
そこに風が吹いて来た。うっすらとかいた汗に心地よい。つられるように周りを見渡すと、秋の色に変わってきていることに改めて気づかされる。
幼稚園や保育園での、先生とこどもたちの「芋ほり」の場面をうまく切り取った句である。
明らかに季重なりであるが、実景を詠むのが俳句であるので、これはこれとして味わいたい作品である。
どうしても季重なりを回避するのなら、

園の畑さつまいも掘る吾と童

と、場所を明確にすることも一例として考えられる。

私の、季語の解説文が鼻につきますが、まだ不慣れにつき加減を弁えるまで、ご容赦ください。
とても気持ちのよい句を味あわせていただきました。
ありがとうございます。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「秋風やさつまいも掘る吾と童」の批評

回答者 鳥越暁

句の評価:
★★★★★

おはようございます
拙句「くるみパン」へのコメントありがとうございます😊

揚句について
やいのやいの感が想像できました。
秋風やで切って、子供との場面へ。
ズームアップですが、秋風を下五に持ってきて、
◆さつまいも掘る吾と吾子秋の風
のズームアウトも余韻が残る気もします。

点数: 0

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

廃校に鶯いまだ練習中

作者名 雪柳 回答数 : 3

投稿日時:

コルセット麻のスーツに透けている

作者名 宮武桜子 回答数 : 3

投稿日時:

あの人のあとはわたしと躑躅かな

作者名 こま爺 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『秋風やさつまいも掘る吾と童』 作者: 武照
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ