俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

ビルの間にほっと一息茜雲

作者 おはる  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

仕事で疲れて息抜きに席を立った時に窓から見た茜雲が綺麗だったので。

最新の添削

「ビルの間にほっと一息茜雲」の批評

回答者 猫山竹

おはる様 はじめまして、よろしくお願いします。状況がすごく、おそらくは仕事の大変な忙しさも伝わります。そんな中で出会った夕焼け空は本当に癒されますよね。
読んでいても何となくホッとする感じが伝わります。^^

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、猫山竹さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「ビルの間にほっと一息茜雲」の批評

回答者 そうり

句の評価:
★★★★★

おはる様
初めまして。景が一瞬に立ちました。「ビルの間」→「一息」→「茜雲」、、、、小気味のいい描写!気持ちよく鑑賞させて頂きました。語順と助詞を変えても景が変わってくると感じました。「ビルの間へ」「ビルの間を」「ビルの間の」、、、、。

点数: 1

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

ビルの間に缶コ湯気立ち茜雲

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★

おはるさん
ほっと一息は、缶コーヒーの湯気というのはいかがでしょう。笑

ビルの間に缶コ湯気立ち茜雲

湯気立:冬の季語ですが。
雰囲気は夕日に向いていそうな感じに、、。
間の文字のダブル使いで。笑

ほっと一息は、散文的かもしれません。

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

納涼やそこは女の身のこなし

作者名 負乗 回答数 : 4

投稿日時:

膝上を取り合う子らと冬林檎

作者名 はや 回答数 : 4

投稿日時:

春暁の垣根に騒ぐ雀かな

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『ビルの間にほっと一息茜雲』 作者: おはる
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ