俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

穭田や通行止の峡の奥

作者 04422  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

橋が壊れ大回りをしなければ行けませんが、刈り取った後には青々と穭(稲孫ひつじ)が出ています。

最新の添削

「穭田や通行止の峡の奥」の批評

回答者 猫山竹

素一様 こんばんは!コメント欄を見て穭田という言葉を知り(^-^;里山の景色が瑞々しく現れました。
通行止め、奥、である事が尚更に人の踏み入れない所の美しさへとも繋がっていて素晴らしい句と思います。ちょうど先日穭田の広がる場所に行きその生命力と美しさに驚いて来た所でした。元気に跳ねる蛙さんにもお会いしました^^

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、猫山竹さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「穭田や通行止の峡の奥」の批評

回答者 鳥越暁

句の評価:
★★★★★

おはようございます
穭田の青みが伝わりました。切字が良いですね。
背景の峡の奥もいいな。通行止めでこちらの視線も止まって脇に広がっているであろう穭田が浮かびました。
素一さんワールド♪👏

点数: 1

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

「穭田や通行止の峡の奥」の批評

回答者 かこ

句の評価:
★★★★★

穭田という言葉も知りませんでした。日本人失格の域ですね。😅
添削する分際ではないので、思いつきだけ、
穭田の美しきかな峡の奥

先週、生まれて初めて家庭菜園を始めました。誰でも出来るルッコラ播きました😃

点数: 1

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

穭田の行く道険し橋崩れ

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★

素一さん

もし、ブロックしていらしたら、やや残念です。
「穭田」という季語、素敵ですね。この季語を使うだけで、十分景が浮かびあがってきます。かこ乃さんの「定食屋」同様、俳句にとって言葉(単語)の持つ力は偉大です。

惜しいのは、中七下五が、季語の解説(所在地の説明)になっている感じです。
「奥」という言葉でかなり損をしています。

穭田の行く道険し橋崩れ

目の前の事実を淡々と詠み、読者に青々とした穭田を想像させるのも悪くないかと存じます。
一例として、少しでも参考になれば幸いです。

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

寒紅や会へぬ娘の歳数へ

作者名 あらちゃん 回答数 : 1

投稿日時:

禅堂を抜けてゆくなり青葉風

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

色づきてさらに犬らし猫じゃらし

作者名 はや 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『穭田や通行止の峡の奥』 作者: 04422
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ