俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

鼓笛隊遠き病室枇杷の花

作者 南風の記憶  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

季語「枇杷の花」。自分も参加するはずだった鼓笛隊の音を、遠い病室で聴いている人物……おそらく子供。その子の悔しさ・寂しさを、枇杷の花に託した。初心者の頃に詠んだ句です。

最新の添削

「鼓笛隊遠き病室枇杷の花」の批評

回答者 いなだはまち

南風の記憶さん
以前の入選句云々の解説は、あまり重要ではないと考えます。
夏井先生には先生の読み、私には私なり(初心者なり)に感じたことをお伝えしました。
①病室と枇杷の花が近いと感じたこと
②遠近法で表現したかったこと
結果、拙い提案句となりました。申し訳ございません。
提案を受け入れる入れないは、作者のご自由ですし、批評も自由です。
句会ライブでも意見が分かれますので、絶対はないのですから。

引き続き、忌憚のないご批評をよろしくお願いします。
切磋琢磨です。
早々

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「鼓笛隊遠き病室枇杷の花」の批評

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★

南風の記憶さま
ご無沙汰しております。
初学の頃の作品ですか!びっくりです。

勝手にいじらせていただきます。

「鼓笛隊遠し窓より枇杷の花」

解釈は読み手のご自由ということで。笑
やはり、病室と枇杷の花は、やや近い感じがしますね。

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

「鼓笛隊遠き病室枇杷の花」の批評

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★

南風の記憶さま
国勢調査、ご批評ありがとうございます。
「初めての国勢調査ふたつ嘘」
だめかなぁ~?一応、ふたつがポイントです。 笑

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

「鼓笛隊遠き病室枇杷の花」の批評

回答者 猫山竹

句の評価:
★★★★★

南風の記憶さん 初めまして、御句を拝読しました。
先ず、枇杷の花、の季語がものすごく活きていて、非常に深い味わいをもたらし流石だなぁというのが素直な感想です!
病室と鼓笛隊の対照的な取り合わせも見事で、そこに存在する枇杷の花は大昔からそこに存在していて優しく、人間の、世のかなしみや色々の事と別次元で咲いて何かしらの悟りを与えるかのような、、上手く言えませんが私の胸には大変響きました!

点数: 1

添削のお礼として、猫山竹さんの俳句の感想を書いてください >>

「鼓笛隊遠き病室枇杷の花」の批評

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

南風さん、こんにちは。
まさか同郷の方がいらっしゃるとは思ってなくて、嬉しい限りです。
県内で俳句といえばおきなわ文学賞がありますね。僕は今よりレベルアップしたら挑戦しようかなと考えています。いつか授賞式でお会い出来るといいですね。

さて、御句読ませて頂きました。
自分も参加するはずだった鼓笛隊の音を聴いている病床の子を、枇杷の花が慰めるように咲いている…良い光景だと思います。
これはこれで完成していると思うのですが、「鼓笛隊/遠き病室/枇杷の花」というカットの切り替わりが忙しい感じもしました。
後は一案ですが「窓」という言葉を持ってくるのはどうでしょうか。枇杷の花がお見舞いの花なのか病院の庭に咲いているのかは分かりませんが(僕は後者かなと読みました)、窓とした方が病室の子と枇杷の花の距離感が、より縮まるかなと思います。

「鼓笛隊遠き病窓枇杷の花」

あるいはカットの切り替えをなめらかにする目的で接続詞を用いて

「病窓に鼓笛は遠く枇杷の花」

くらいで、どうでしょうか。

点数: 0

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

避雷針指すや薄暮の渡り鳥

作者名 げばげば 回答数 : 9

投稿日時:

冬銀河取り壊されし映画館

作者名 たけたけ 回答数 : 2

投稿日時:

春眠深く尻飛び来ては舌は未知なり

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『鼓笛隊遠き病室枇杷の花』 作者: 南風の記憶
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ