俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

秋高し高架急行つきぬける

作者 猫山竹  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

通勤途中見上げた高架を走る電車、真っ青な空の果てに向かって一直線に突き抜けました。

最新の添削

「秋高し高架急行つきぬける」の批評

回答者 豆柴

はじめまして
よろしくお願いいたします
秋の空の句にコメントありがとうございます
私もまだまだ初心者ですので思ったこと何でも言ってくださいね

御句 高架は他の言葉に変えれそうです
秋高しのイメージに含まれていると思うので
参考までに
ありがとうございました

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、豆柴さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「秋高し高架急行つきぬける」の批評

回答者 素一

句の評価:
★★★★★

再度お邪魔します。コメント通りに詠んでみました。「秋高し高架急行一直線」高架急行(が)一直線で三段切れではありません。

点数: 1

添削のお礼として、素一さんの俳句の感想を書いてください >>

「秋高し高架急行つきぬける」の批評

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

猫山竹さん、こんにちは。
御句読ませて頂きました。

んーすみません、ちょっとこれは語順で損してやいないかなと思いました。
秋高し/高架/急行突き抜ける
自分にはこうした区切りで読めました。上五の秋高しという季語までは良かったのですが、次の高架という語句が体言止めのように感じ…。そこで一旦句が区切られ、最後の「急行突き抜ける」が上手く機能してないような印象です。
出来るだけ句意を尊重しながら、語順と細部を少し変えて提案します。

「急行の突き抜く高架秋高し」

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

朝霞夕べの文に赤入れる

作者名 まーやん 回答数 : 4

投稿日時:

冬山や六甲颪無敵なり

作者名 葉月庵郁斗 回答数 : 4

投稿日時:

時差ボケの帰路に眩しき梅雨の月

作者名 卓鐘 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『秋高し高架急行つきぬける』 作者: 猫山竹
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ