俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

老猫はますます痩せて秋ついり

作者 秋沙美 洋  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

年老いて上手く飯にありつけないのであろう、痩せた老猫がいる。秋の長雨の最中、出会ったそいつは前にも増してガリガリに痩せこけていた。ああ可哀想だなあ…何とかしてやりたいけど、何もしてやれないなあ…という体験を詠みました。

どうも、オシャレ季語に出会うと自分も!自分も!と使わずにはいられない調子乗りでございます。
歳時記を引いて知らない季語を見つけても使おうと思う事は少ないのですが、ここの素敵な俳句に使われているのを見ると真似したくなるの、何とも不思議です。
素一さん、その節はありがとうございます。

最新の添削

「老猫はますます痩せて秋ついり」の批評

回答者 ゆう

秋沙美様、添削していただきありがとうございました。初めて添削していただき大変嬉しかったっです。助詞の使い方が間違っていたと分かりました。
私ときては、最近身の周りがビジネス用語などの横文字ばかりで、漢字を使った熟語の一文字ひと文字が、可哀想で迷える子羊的でどうも寂しさを感じたのでそれを俳句にしたかったです。上手くいきませんでしたが添削していただきありがとうございました。
投句されている中で一番気に入った句だったのでこちらに書かせていただきました。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、ゆうさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

老猫のますます痩せて秋ついり

回答者 宮武桜子

句の評価:
★★★★★

こおりおにの句へコメントありがとうございます😊丁寧な評をくださって感謝感謝です。
野良猫は厳しい顔をしていますね。生きる辛さが顔に出ているというか。

点数: 1

添削のお礼として、宮武桜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「老猫はますます痩せて秋ついり」の批評

回答者 鳥越暁

句の評価:
★★★★★

おはようございます
なんとも物悲しさの溢れる句ですね。
中七が老猫の説明となっています。老いた猫、それも野良猫となれば痩せているのは想像できます。
秋沙美さんの何も出来ずに見ているだけなんだという心を入れると
◆老猫をただ眺むるや秋ついり
とかすると、秋沙美さんの思うことも含めたようになるのではと思います。

点数: 1

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

「老猫はますます痩せて秋ついり」の批評

回答者 猫山竹

句の評価:
★★★★★

こんばんは😃御句拝読しました。秋ついりは6月の恵みの雨と違って夏や明るさをかき消していくような寂しい情緒や無力感がありますね…
そんな中ますます痩せていく老猫、何とかしてあげたい😢気持ちと無力感のアンビバレンスを非常に感じました。
でも、、、野良のその子はきっと、生きてきた人生(猫生)に誇りを持ってると思います!そういう野良猫の誇りをも、出しゃばらず静かに見守る…深い眼差しも感じられる句だと思います!

点数: 0

添削のお礼として、猫山竹さんの俳句の感想を書いてください >>

「老猫はますます痩せて秋ついり」の批評

回答者 晴峯旬草

句の評価:
★★★★★

秋沙美 洋様
よろしくお願いいたします

「そぞろ寒」へのコメントありがとうございます。あるある句、共感して頂いて嬉しいです。私自身、あるある句多い方かもしれません。
中八のつっかかりがどう機能してるか、自分自身不明です。

点数: 0

添削のお礼として、晴峯旬草さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

寒雀我の嘘吐き舌は何処

作者名 根津C太 回答数 : 1

投稿日時:

駆け出して秋夕焼へと消えゆけり

作者名 感じ 回答数 : 9

投稿日時:

研ぎ上げてまずはトマトを真二つに

作者名 知世 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『老猫はますます痩せて秋ついり』 作者: 秋沙美 洋
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ