俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

プルダブにかからぬ指先そぞろ寒

作者 晴峯旬草  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

皆様、急な寒さに体調を崩さぬよう

俳句を勉強中の者です。多作して多捨されたいと思います。ご指摘頂けると励みになります。

最新の添削

「プルダブにかからぬ指先そぞろ寒」の批評

回答者 04422

こんばんは!
よろしくお願いいたします。
実際はかからなかったのですね。強運を俳句でつかみましょう。全く三男様と同じですそぞろ寒でなく秋麗の句をお待ちしています。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「プルダブにかからぬ指先そぞろ寒」の批評

回答者 三男

句の評価:
★★★★★

晴峯旬草さま こんにちは
昨日は失礼いたしました。そうですね、あと一文字のご判断は晴峯さまご自身でよろしくお願いします。
ところでこちらのプルタブの作品ですが、中七の原則にあてはめようとすれば、"かからぬ指先"を"かかれ指先"に置き換えても同義に添えると考えました。
合わせてご検討いただけると幸いに存じます。
ごめんください。

点数: 2

添削のお礼として、三男さんの俳句の感想を書いてください >>

「プルダブにかからぬ指先そぞろ寒」の批評

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

晴峯さん、こんにちは。
御句読ませて頂きました。

寒くて寒くて、缶のプルタブまで触りかねるというあるあるにすごく共感しました。
共感出来る俳句。僕が好きなタイプです。
スッと575にまとめるなら

「プルタブも触りかねたるそぞろ寒」

とか、いくらかやりようはありそうですが、下手に定型に落とし込むより中八にして少し引っかかりを持たせる事に意味があるような感じがしました。

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

白みゆく風や今日から衣替え

作者名 南風の記憶 回答数 : 3

投稿日時:

あご紐の跡残りたる日焼け顔

作者名 ちゃあき 回答数 : 5

投稿日時:

夕風や蓬の余熱こもりをり

作者名 めい 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『プルダブにかからぬ指先そぞろ寒』 作者: 晴峯旬草
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ