俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

元寇後移り変わるや秋の空

作者 鬼胡桃  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

秋は台風シーズンで、台風の後に天気が爽やかな秋の空に移る様子から、私は元寇に発想を飛ばしました。
2度の攻めがあった元寇でも神風が起こり、日本は奇跡の勝利をしました。神が神風を起こし日本を助け、かつ戦いの度に日本を秋の空でよく守ったねと労ってくれたのではないかというワンシーンを想像し、この句を作りました。

最新の添削

「元寇後移り変わるや秋の空」の批評

回答者 いなだはまち

カイ様
拙句に批評をいただき、ありがとうございます。
「万緑」後、季語になった言葉はあるのでしょうか。
ご存じでしたらお教えください。

「恵方巻」を季語にしたい派なのですが、カイ様のご意見はどうでしょう。
「国勢調査」は、これまで5年おきに実施されておりますし、十月と決まっておりますので、季語になってしかるべきかと思うところです。
また、中田喜子さんの「花追風(はなおうて)」は、どうなのでしょうか。

拙句、実話です。
まあ、色々あって妻と別居(健康なうちに)しており、初めて自分でやりました。
私は、俳句三昧&仕事(在宅が多い)、妻は、おさんどんから解放され、自分の時間を。
確かにスマホ等でもできますが、紙に記入して、実は今日投函しました。笑
句のイメージは「新社会人」ですが。

御句、「後」の表現で損をしていそうです。また、移り変わる=空の説明かと。
ご提案いたします。

「押し寄せし元の大軍秋の空」

嗚呼!この海に元の大軍が押し寄せたのだなあ。この空は、まるでその時の打ち破った後の気持ちをあらわしているようだ。確かに、秋の空は移り変わり易いものよ。
そんな感じです。
お目汚し、失礼いたしました。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

鳥帰る鳩羽鼠の空へ消ゆ

作者名 かぬまっこ 回答数 : 3

投稿日時:

すこやかな妻あらまほし牡丹の芽

作者名 佐渡 回答数 : 3

投稿日時:

散華の蓮池御堂から十二礼

作者名 寒月 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『元寇後移り変わるや秋の空』 作者: 鬼胡桃
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ