俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

日溜まりや踊りの輪へも金木犀

作者 三男  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

昨日の続きですが、食事を終えて外に出ると、金木犀の薫り漂う中をご婦人方が音楽に合わせ、広場で軽快に踊っていました。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「日溜まりや踊りの輪へも金木犀」の批評

回答者 04422

句の評価:
★★★★★

こんにちは!え
よろしくお願いいたします。久しぶりゆっくり休んでいます。
強い金木犀の香りが踊っている人までも包み込んでしまった感じが良く出ていると思います。指摘された初鴨の句座五「陣組みて」にしてみましたが…。

点数: 1

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

「日溜まりや踊りの輪へも金木犀」の批評

回答者 鳥越暁

句の評価:
★★★★★

こんにちは
拙句「秋の向日葵」へのコメントありがとうございます。種ふたつというのは真実であり、向日葵の種のできているところへズームアップしていただく狙いでした。少しぎこちなさを感じていたので、三男さんは敏感に感じられたのかもしれませんね。

揚句について
切れ字の位置を変えた方がよいと思います。
コメント=句意には日溜りに対する言及もなかったので、そこで切って目立たせる必要を感じません。
◆日溜りに踊りの輪あり金木犀
と金木犀の前で切ってみるのもいいですよ。
読み手に場面だけを見せて、金木犀とすることで
「金木犀の香りがしているんだな」と想像してもらえると思います。

点数: 1

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

運動会己を便所に閉ぢ込めり

作者名 加良太知 回答数 : 0

投稿日時:

春一番寝室の羽毛布団舞う

作者名 TK 回答数 : 2

投稿日時:

ユリノキにチャットモンチーの歌甦る

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『日溜まりや踊りの輪へも金木犀』 作者: 三男
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ