俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

夏服のとりどり続く宮の杜

作者 かぎろい  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

先月、明治神宮に吟行に行って、妻が作った句です。
私よりはるかに上手(^_^;)

吟行の記録です。
https://jphaiku.jp/wp/2019/06/01/4553/

最新の添削

「夏服のとりどり続く宮の杜」の批評

回答者 まちる

コメントありがとうございます

揚句ですが
私にはもう1つ何か欲しいと思ってしまいますがどうしていいかは分かりません・・・
「とりどり続く」を変えて神秘的な表現とか、うーん・・・
ただの私の好みの話です。

点数: 1

添削のお礼として、まちるさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

散る桜散らずあらなむ花びらよ

作者名 博充 回答数 : 8

投稿日時:

要望:厳しくしてください

夏銀河仰ぐ太陽電池かな

作者名 塩豆 回答数 : 4

投稿日時:

学校も夏休みなり門扉塗る

作者名 なおじい 回答数 : 8

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『夏服のとりどり続く宮の杜』 作者: かぎろい
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ