俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

初鴨や葦の川面に六羽をり

作者 04422  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

通し鴨も交じっているかもしれませんが初鴨やって来ました。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「初鴨や葦の川面に六羽をり」の批評

回答者 鳥越暁

句の評価:
★★★★★

こんばんは
良い風景ですね。葦の川面という表現がオリジナリティがあり場面が想像できます。人によっては違和感を感じるのかもしれませんが、それでよいと思います。
添削はいらないでしょう。

偶然ですが、昨日、初鴨の句をとあるところに投句したばかりでした 笑

点数: 1

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

「初鴨や葦の川面に六羽をり」の批評

回答者 えこ

句の評価:
★★★★★

素一さま。
「秋の暮」の添削ありがとうございました。
素一さまのおっしゃることなるほどです。季語もつかず離れずでしたね。
ありがとうございました。

点数: 1

添削のお礼として、えこさんの俳句の感想を書いてください >>

「初鴨や葦の川面に六羽をり」の批評

回答者 三男

句の評価:
★★★★★

素一さま こんにちは
何度も見た光景が脳裏に広がりました。素一さまの作品は長閑で季節の移り変わりを感じさせてくれます。
ところで、六羽は実際に数えた確かなものですが、作品となった俳句から読み手が解釈すると、五羽や七羽でもよく、動いてしまう下五かと存じます。
読者には、群れをなす様子を掴んでいただく表現を用いればよかったのではと感じました。
提案になりましたが、作品の本旨から逸れていなければ幸いに存じます。
失礼いたします。

点数: 1

添削のお礼として、三男さんの俳句の感想を書いてください >>

「初鴨や葦の川面に六羽をり」の批評

回答者 三男

句の評価:
★★★★★

素一さま こんばんは
木犀にコメントをありがとうございます。
ご指摘いただき、そうとも受け取れる甘さが隠れていたようですね。気付かされました。
あす改めて木犀の作品を練習いたしますのでよろしくお願いいたします。
また思い草へのご感想もありがとうございました。このような詠み方も練習と考え投句したものです。
本日もありがとうございました。
失礼いたします。

点数: 1

添削のお礼として、三男さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

秋の空丘を彩る裾模様

作者名 負乗 回答数 : 6

投稿日時:

スマホ越し自分の目では見ない薔薇

作者名 満州逆路 回答数 : 1

投稿日時:

隠れゆく僕は決意暗夜行路

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『初鴨や葦の川面に六羽をり』 作者: 04422
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ