俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

朝マック窓の人びと冬隣

作者 晴峯旬草  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

朝マックなう。長袖を着ている人が目につく。

俳句を勉強中の者です。多作して多捨されたいと思います。ご指摘頂けると励みになります。

最新の添削

朝マック街行く人の冬隣

回答者 かこ

窓の人々が、窓の内からか外からか分かりにくいです。それと外に長袖の人が多いという事は店内にも多いということなので、窓の中か外か気にしない俳句もアリかな。
⚪︎朝マック長袖の人多くなり
とストレートに詠むのもありかな。

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「朝マック窓の人びと冬隣」の批評

回答者 04422

句の評価:
★★★★★

こんばんは!
「束ねゆく稲架からひとつ振るう子や」読ませていただきました。やはり、詰め過ぎの様ですし振るう子の意味が分かりませんでした。「束ねゆく稲架のひとつを子の抜いて」としてみましたがお気に召さなかったらごめんなさい。
御句ですが「窓の人びと」が曖昧で読み手としてはマクドナルドからの外の世界を見ているのだと解釈してみました。読み取ることが出来ずに申し訳ございません。

点数: 1

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

枯葉枯葉少し長居をしたやうな

作者名 イサク 回答数 : 14

投稿日時:

秋の雲日々に薄れる手をふる君

作者名 森本可南 回答数 : 2

投稿日時:

雲間から上弦の月湖の上

作者名 04422 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『朝マック窓の人びと冬隣』 作者: 晴峯旬草
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ