俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

畦道の行く手に芒の花野なり

作者 三男  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

帰省の途中、また車越しから見てみましょう。
耕作を完全放棄すると、全てが草地と化して物悲しくさせられます。

最新の添削

「畦道の行く手に芒の花野なり」の批評

回答者 鳥越暁

こんばんは
おそらく休耕田のことを示唆しているのかと思います。それは伝わりました。俳句の風情としても整っていてよいと思います。
ですが、花野という季語は秋の草花の集まりを指します。その中の一種類を抽出されたことが疑問に思いました。
芒か花野かどちらかに焦点を当てるべきでしょう。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「畦道の行く手に芒の花野なり」の批評

回答者 かこ

句の評価:
★★★★★

曼珠沙華の句にコメントありがとうございます。
真っ赤なものと真っ白なものとでは雰囲気がまた違いますが、その造形の美しさは格別ですね。

点数: 1

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

「畦道の行く手に芒の花野なり」の批評

回答者 04422

句の評価:
★★★★★

こんばんは!
お邪魔します。花野の中には芒も含まれていますので重複は避けたいところです。
当地も三男様の感じるように耕作放棄地を至る所に存在し悲しい気持ちでいっぱいです。「畦道の行く手に」も捨てがたい現実を見つめる心が秘められていますが、思い切って「放棄地や芒の白き穂のなびく」すっきりりない句になり申し訳ございません。ご容赦ください。

点数: 1

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

春光が部屋にありけり印度の絵

作者名 翔子 回答数 : 3

投稿日時:

ぬくもりが身を震わせり梅雨の雷

作者名 卯筒 回答数 : 1

投稿日時:

革命を返すKや初嵐

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『畦道の行く手に芒の花野なり』 作者: 三男
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ