俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

ヤクルトのフタの端取れず朝寒し

作者 晴峯旬草  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

何故綺麗に取れないのか。

俳句を勉強中の者です。多作して多捨されたいと思います。ご指摘頂けると励みになります。

最新の添削

「ヤクルトのフタの端取れず朝寒し」の批評

回答者 猫山竹

こんにちは、お久しぶりです✨
とても良いですね!
こんなところにも冬があったのですね✨
生活の中の小さな、何気ないシーンでも冬を発見されていて、まさに俳句生活、という感じですね😃

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、猫山竹さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

ヤクルトに蓋の端残る朝寒し

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。
朝いそぎみなさんの作品を流し詠みしていたら、この句で笑ってしまいました。いちおう修正を考えてみましたが「取れず」の方が素直で良いかな・・・

点数: 2

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

ヤクルトの銀紙剥がす朝寒し

回答者 かこ

句の評価:
★★★★★

なんか、よく分かります😃小さな事だけど季節の変わり目を感じて俳句的な題材ですね。
カタカナは一ヶ所のほうがスッキリするかなと思ったのとと剥がしにくいんだけどそれは描かずに想像してもらうところに持っていったらどうかなぁと思いました。

点数: 1

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

呼び鈴に見知らぬ顔や雪煙

作者名 ドキ子 回答数 : 1

投稿日時:

舞ひ上がる雪や敵殺る座頭市

作者名 拓也 回答数 : 2

投稿日時:

立会や館内団扇停止せり

作者名 鉄道員 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『ヤクルトのフタの端取れず朝寒し』 作者: 晴峯旬草
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ