俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

ほんとはね好きだつたのと雪の朝

作者 ちゃあき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

ああ過ぎ去りし青春の日々よ・・・ 実際のセリフと若干ニュアンスが異なりますが収まりませんでした。冬だった記憶はあるのですが雪は降っていませんでした。溶け残った雪はあったかもしれません。後はお好きなように想像してみてください(笑)。
よろしくお願い致します。

最新の添削

「ほんとはね好きだつたのと雪の朝」の批評

回答者 げばげば

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。甘酸っぱいですねえ。私にもありましたよ。もうそういう思いをすることはないのかなあ。これは、同窓会なのかなあ。久々の再会で、あのころ実は好きだったんだよ、という。そんなん聞かされてもどうすりゃいいんだよ、お互い家庭もsるのに、という。そういう感じかなあ。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「ほんとはね好きだつたのと雪の朝」の批評

回答者 めでかや

句の評価:
★★★★★

ちゃぁきさん、こんばんは。
いつもお世話になっております。

良いです、この句は好きです!。
こういう好きは簡単に言葉にできるんですけどね(笑)。

~ね~の、によって女性の詠んだ句だということも伝わります。
実際にセリフ、過去の想いを伝えたんですね!。私は最近自分の勉強のためと
コメントを詠む前に17音だけを読むため諸毒では今でも伝えることは無く
昔を思い出してふっと出た独り言かと思いました。

どう感じるかは読み手に投げる。お見事な一句だと思います。
今後とも宜しくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

「ほんとはね好きだつたのと雪の朝」の批評

回答者 登盛満

句の評価:
★★★★★

ちゃあきさん、こんばんは。
いつも勉強させていただいでます。
御句、好きです! さらっとした良い句と感じました。景がないような措辞なのですが、具体的な「雪」という天気、「朝」という時間帯があることで、しっかり読み手に景が浮かぶと思いました。私は浮かびました。勉強になりました。
 ⚪︎それなのにどうしてふるの冬時雨
うそ!うそ!これは駄洒落になりました(-。-;
ふざけてすみません(笑)
素敵な返句がさらっと詠めるように勉強します。
今後ともよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、登盛満さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

触れるなと牽制かける秋薊

作者名 森本可南 回答数 : 0

投稿日時:

五日暮れ味噌屋の婆の欠伸かな

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 4

投稿日時:

吾の墓の褪せし朱文字に春の霜

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『ほんとはね好きだつたのと雪の朝』 作者: ちゃあき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ