俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

キビ嵐句帳持つ手の力みかな

作者 晴峯旬草  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

先程、畑を横切った瞬間に突風。持っていた句帳が飛ばされるところでした。

俳句を勉強中の者です。多作して多捨されたいと思います。ご指摘頂けると励みになります。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「キビ嵐句帳持つ手の力みかな」の批評

回答者 そうり

句の評価:
★★★★★

晴峯旬草さま
よろしくお願いします。吟行途中でしょうか?大変でしたね。句で状況が良く分ります。質問ですが、カタカナで「キビ嵐」とした意図をお教えいただきたいのですが、、、。コメントを拝読し、私なりに参考句を捻ってみました。(添削ではありません)「黍嵐瞬時に句帳抱きかかへ」、、、少しでも参考になれば幸いです。
(黍嵐は突然の突風なのでこのように捻ってみました)

点数: 1

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

落雷や天継ぐ金になりにけり

作者名 コウ 回答数 : 0

投稿日時:

焚き火の音吐露した声に応じけり

作者名 慈雨 回答数 : 4

投稿日時:

雨上がり甘えん坊のあめんぼう

作者名 春野ぷりん 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『キビ嵐句帳持つ手の力みかな』 作者: 晴峯旬草
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ