俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

はふはふと含む鯛めし月おぼろ

作者 未知夫  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

「はふはふ」というオノマトペの妥当性が気になります。上五を「熱々の」とか「炊き立ての」では、平凡な表現と思ったのですが。
「熱々の鯛めしを食ぶ月おぼろ」のほうが、素直な表現でしょうか。

最新の添削

「はふはふと含む鯛めし月おぼろ」の批評

回答者 森本可南

あ!ほんとだ。
三段切れだ。助詞を入れると、17音に、ならないので、そこばかり、意識してしまって、
言われるまで、まったく気付かなかったです。ありがとうございます。
これからもよろしくお願い致します。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、森本可南さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

はふはふと進む鯛飯の湯気月朧

回答者 伊勢史朗

句の評価:
★★★★★

どうもこんばんわ。「はふはふ」のオノマトペは気になりません。ただ、「含む」の動詞が気になったので添削してみました。
どうか今宵も御健吟に。

点数: 0

添削のお礼として、伊勢史朗さんの俳句の感想を書いてください >>

「はふはふと含む鯛めし月おぼろ」の批評

回答者 森本可南

句の評価:
★★★★★

はふはふと頬張る鯛飯月おぼろ

未知夫さん。こんにちは。
はふはふと含むに、やはり、違和感感じました。鯛飯が炊きたてで、美味しいというイメージに、変えてみました。
よろしくお願い致します。

点数: 0

添削のお礼として、森本可南さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

母の日にご飯作って家事増やす

作者名 ろっこ 回答数 : 2

投稿日時:

バオバブの木に隠れても腹出ちゃう

作者名 みつば秋江 回答数 : 1

投稿日時:

梅雨晴れやかつて春本みた川辺

作者名 卓鐘 回答数 : 6

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『はふはふと含む鯛めし月おぼろ』 作者: 未知夫
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ