俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

粗彫のまゝに寝かされ秋の風

作者 久田しげき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

仏師の工房に作業中の仏像が横になっていた。

最新の添削

粗彫りの仏寝かされ秋の風

回答者 宮武桜子

面白い映像だと思いました。
ただ、何の像だろうという疑問が残ったままになるし、仏像だからこそ横になっている面白味があるのでほとけは入れた方がいいと思いました。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、宮武桜子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

調教の蹄に湯気や春の霜

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

うるさいを八月蝉といたします

作者名 いなだはまち 回答数 : 3

投稿日時:

梅酒良しほろ酔い話す恋のコツ

作者名 胡 秋興 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『粗彫のまゝに寝かされ秋の風』 作者: 久田しげき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ