俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

太刀魚や切り身の艶のなほ眩し

作者 三男  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

太刀魚は鱗の代わりにグアニンという物資で覆われ、銀色を帯びています。
揚げ物、蒸し物、煮物にして食べる習慣があり、高菜合わせの郷土料理は絶品でしょうか。

最新の添削

「太刀魚や切り身の艶のなほ眩し」の批評

回答者 かこ

テレビで見たのですが、在日の中国人の釣り好きな人が大阪湾の太刀魚の穴場をネットで共有しているそうです。取材を受けている人はほんと名人って感じでした。日本人より中国人の方が太刀魚は好きなのかなぁと思いました。
貴句は切り身になってもなお美しい様子が良く出ていると思います。そのままで。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「太刀魚や切り身の艶のなほ眩し」の批評

回答者 素一

句の評価:
★★★★★

明日コメントしようと思っていましたが先に三男様がお気付きになり、又テレビで対中国の卓球戦を見ていましたのでコマーシャルの間に申し上げます。吾も亦紅いと言う意味で本当の紅ではないのです。昼間は赤、日が沈めば或いは曇りの場合は黒にみえるのです。しかし、花瓶に沢山投げ入れると集団の塊で吾も紅に見えるのです。日本語独特の曖昧さを妙を得て表現する方法でしょうか?説明不足でごめんなさい。
まあ秋の草花で一番趣のある大好きな花です。
そちらでは太刀魚の刺身食べる事ないかもしれませんがとても美味しいです。

点数: 1

添削のお礼として、素一さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

給湯器四十六度の冬支度

作者名 卯筒 回答数 : 1

投稿日時:

第一ボタン締め向かう入学試験

作者名 有機物 回答数 : 2

投稿日時:

盆供養同じ法話の三年目

作者名 鳥越暁 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『太刀魚や切り身の艶のなほ眩し』 作者: 三男
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ