俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

うたた寝しかけ直す布団妻の愛

作者 モン助左衛門  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

ソファーで、うたた寝してはだけた布団を妻がかけ直す。

最新の添削

「うたた寝しかけ直す布団妻の愛」の批評

回答者 竜子

モン助左衛門様 おはようございます。
初めましてよろしくお願いいたします。
御句
皆さまがコメントされていますので、提案句だけです。
うたたねの吾(あ)にいつの間の布団かな
妻は出てきませんが、読みては奥様が掛けてくれたのかと想像します。
よろしくお願いいたします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「うたた寝しかけ直す布団妻の愛」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

モン助左衛門さん、こんにちは。
御句拝読しました。優しい奥様の愛に包まれて、お幸せですね。うらやましいです(笑)!

こういう句にあまりどうこう申し上げるのも無粋なような気もしますが、道場ですのでお伝えします。

「妻の愛」は、キーポイントではありますが、俳句としてはこうダイレクトには言わずに、読み手が奥様の愛情を感じるような作りがいいのではと思います。

・うたた寝の我が背に布団いつの間に

点数: 2

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「うたた寝しかけ直す布団妻の愛」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

さっそくですが、申し上げたいことが二点あります。

まず、因果関係を説明するために、動詞を2つ連ねることは避けるべきです。

もう一つ、無駄な措辞を極力削るのが俳句です。といっても何が無駄か判断するのは簡単ではないですが、具体的に妻の愛の「愛」について考えてみます。愛は言う必要があるかどうか。作者が愛と表現しなくても、読者が愛を読み取るように表現すればいいわけですね。俳句は心情よりも先に、その心情を誘導する事物を詠むのも大切なテクニックです。奥さんの笑顔を詠み込んではいかがでしょうか。

長くなりましたが次を提案します。
「うたた寝に布団手にする妻にこり」

ご参考いただければ幸いです。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

ととととと冬のいのしし横断す

作者名 めでかや 回答数 : 6

投稿日時:

枝先に道理を学ぶ松手入

作者名 中村あつこ 回答数 : 4

投稿日時:

人の上に初めて立った運動会

作者名 イサク 回答数 : 15

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『うたた寝しかけ直す布団妻の愛』 作者: モン助左衛門
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ