俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

夏の月芋煮と米をループする

作者 武照  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

昔夏に山形県に旅行に行き、芋煮がおいしくてご飯も進み、芋煮とご飯のお代わりを繰り返した。季語は、涼しさを感じるという「夏の月」をチョイス

最新の添削

「夏の月芋煮と米をループする」の批評

回答者 胡 秋興

武照様
こんばんは🌆
初めてましてどうぞどうぞ宜しくお願いします🤲
「雷雨」一句は、蛇口を比喩して確かに不全かなと思うのですが、ご指摘していただき誠に感謝致します〜
この道場の先輩どん太様がわたくしのこの一句をご指摘して、そしてご添削していただきました〜
つまり、「一閃の雷雨蛇口の開くごと」🌹🌹🌹
よくなるかな〜
ご意見あれば、どうぞお願い申し上げます🤲
また宜しくお願い致します🤲

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、胡 秋興さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

凍空に母死体役サスペンス

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

庭先にぽつんと一輪鬱金香

作者名 鰐渕颯 回答数 : 2

投稿日時:

初夏の夜メーテルを見てにやけてる

作者名 優子 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『夏の月芋煮と米をループする』 作者: 武照
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ