俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

秋雨やかけっぱなしの流行歌

作者 友也  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

このページに来てくださり、心から感謝します。初秋になったとはいえ暑い日が続いておりますが、どうぞご自愛ください。

体調不良で一日の大半をベッドで過ごしているのですが、Amazonのスピーカーを使ってSpotifyで音楽をかけっぱなしにしています。無料で8200万曲以上が聴き放題なので助かっています。

批評・添削していただければ幸いです。よろしくお願い致します。今日も惜しみない祝福がありますように。そしてさらなるご健勝とご健吟を心よりお祈り致します。私も至らない点が多いですが、精進して参ります。

最新の添削

「秋雨やかけっぱなしの流行歌」の批評

回答者 つちや郷里

友也さんこんにちは。

なかなか良い句だと思いますよ。
「流行歌」の部分を限定するやり方もありますが、御句のようにあえて限定しないことで、この句を目にする時代、または読み手の年代によって頭の中にかかる曲が違ってくるのが面白いと思います。

季語の「秋雨」ですが、秋の雨というのは長雨をイメージします。
秋の長雨のイメージが「かけっぱなし」という言葉と響き合っていると思います。

友也さんはみるみる俳句が上達していってますね。
負けそうです。というか、もう負けてるかも(笑)

これからも俳句作りがんばってください。
次回も楽しみにしてます。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、つちや郷里さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「秋雨やかけっぱなしの流行歌」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

できている句だと思います。秋の長雨で部屋籠り。お気に入りの歌というより流行歌をかけ流してる感じも、すこし憂鬱な気持ちと、妙にポップで入ってこない歌と。秋雨に響くように思います。基本型もつかずはなれずの感じも良い感じですね!

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

彼が来た慌て隠れる花浴衣

作者名 黒霧 透子 回答数 : 3

投稿日時:

人知れず木賊の埋まる旧き道

作者名 三男 回答数 : 2

投稿日時:

百五十時間天井油照

作者名 根津C太 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『秋雨やかけっぱなしの流行歌』 作者: 友也
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ