俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

春遅し水槽凍る朝ぼらけ

作者 金目鯛の煮付け  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

朝起きると、また水槽が凍っているな〜 立春が過ぎたっていうのに暖かい朝はまだ来ないか、と感じました。なので、このような句にしてみました。感想、添削お願いします。先日添削でいただいた朝ぼらけという言葉を入れてみました。

最新の添削

春遅し水槽凍る朝ぼらけ

回答者 三日酔いの防人

皆様ご指摘の通り、季重なりですね。しかし、水槽が凍っており、春の訪れが遅いと感じたのは良い着眼点です。水槽を見るという行為を中心に詠ってはいかがですか。
水槽を見ゆる眼や春遅し
として提案させて頂きます。氷としなくても、視覚的に得るものから、春の訪れの遅さを想像させれるかと思います。

点数: 2

添削のお礼として、三日酔いの防人さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「春遅し水槽凍る朝ぼらけ」の批評

回答者 腹井壮

金目鯛の煮付けさん、おはようございます。コメント有り難うございます。

うっかり季重なりですね。季重なりがいつも悪いわけではないですが今回の季重なりには必然性もありません。

指摘事項: 季重なり

点数: 2

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

「春遅し水槽凍る朝ぼらけ」の批評

回答者 かぬまっこ

おはようございます👋😃☀「春遅し」春の季語、「凍る」冬の季語どちらも時候の季語です。なので季重なりですね。しかも、三段切れです。そこを解消しませう。

🔷朝ぼらけ水槽輝りて春遅し

水槽輝るで凍っていると想像させます。無理があるかな😅

指摘事項: 季重なり

点数: 1

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

春の雨傘さす背中にも黙礼

作者名 がお 回答数 : 3

投稿日時:

うたた寝しかけ直す布団妻の愛

作者名 モン助左衛門 回答数 : 4

投稿日時:

でで虫に負けじ子を乗せ立ち漕ぎす

作者名 菊水 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『春遅し水槽凍る朝ぼらけ』 作者: 金目鯛の煮付け
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ