俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

家で傘探す卯の花腐しおり

作者 ジャマイカ丼  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

家にあるはずの傘が無い、どこで無くしたかわからない、あの日酒に酔って忘れて来たかな?雨は変わらず降り続けているのに…という実体験を詠みました。添削お願いします。

最新の添削

「家で傘探す卯の花腐しおり」の批評

回答者 鬼胡桃

ジャマイカ丼さん。おはようございます。
一つお願いがございます。
私が以前書きました「蛇穴を出づ」の季語俳句ですが、改良版を投句しましたので、確認と意見をお願い致します。
俳句は、「エデンにて蛇穴を出づ餌で釣る」です。
よろしくお願い致します。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、鬼胡桃さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「家で傘探す卯の花腐しおり」の批評

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★
★★

ジャマイカ丼さま
よろしくお願いいたします。

この季語選ぶ?って感じです。ムズい。
私には、まだまだ先の先の季語です。
走り梅雨ならイメージ湧きますが。😅

初夏の季語ですので、梅雨入より前の雨かと存じます。
傘探すという措辞は、雨⇔傘、ですので、
どうなんでしょう。
陳腐な臭いがしてきそうな気配。😱

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

「家で傘探す卯の花腐しおり」の批評

回答者 鬼胡桃

句の評価:
★★★★★

ジャマイカ丼さん。こんばんは。
一つ質問があります。私が書きました、「白馬駆け」の句でございますが、ジャマイカ丼さんから見て、この句に映像はありますか?よろしくお願い致します。

点数: 0

添削のお礼として、鬼胡桃さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

砂深く春待貝はまだ眠り

作者名 山口雀昭 回答数 : 1

投稿日時:

老いてより往く道中や五里霧中

作者名 日野寅馬 回答数 : 2

投稿日時:

転倒の子は泣きのせず落葉蹴る

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『家で傘探す卯の花腐しおり』 作者: ジャマイカ丼
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ