俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

サボテンの親に背負う子歩哨かな

作者 胡 秋興  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

皆様
こんばんは🌆
サボテン🌵の植物が梯子のように続々と登り生きという特徴があるかなと思い、一番上の子が高く登り、まるでガーデン中に花など見守るよう感じ、しかも、棘もついて、外からどうにも、攻め難しいですね、と思い、一句練習致します〜
ご指導ご添削お願い申し上げます🤲
ありがとうございます😊

最新の添削

仙人掌はまるで歩哨ね植物園

回答者 いなだはまち

胡 秋興さま
よろしくお願いいたします。

仙人掌が、歩哨に見えた!
また、新しい発見ですね。💡
素晴らしいです。

発見=俳句の種
メモをとる癖をつけましょう。

あとは、どう17音の詩にするかですね。

今回は、口語にしてみました。
口語=日常で喋る言葉
植物園を訪れたお客様の感想を句にしてみました。💪

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

白磁皿婿の自慢の黒葡萄

作者名 しお胡椒 回答数 : 2

投稿日時:

冬銀河ブラスバンドとハイボール

作者名 やまたろう 回答数 : 2

投稿日時:

要望:厳しくしてください

夏山路樹の傷跡に急く足よ

作者名 鳥越暁 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『サボテンの親に背負う子歩哨かな』 作者: 胡 秋興
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ