俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

闇を抜け扇迎えの火群往く

作者 清水浩次  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

昨年、初めて那智の火祭を見る機会を得ました。大きな松明を掲げた炎の列が杉木立ちの中を登っていく情景を表したいと言う思いで句を作りました。
俳句を始めて三か月、まだまだ未熟ですが、宜しくお願いします。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「闇を抜け扇迎えの火群往く」の批評

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★

清水浩次さま
よろしくお願いいたします。

那智の火祭り、未体験ですが、御句から男性的な祭りを想像しました。

添削にはなりませんが、上五の「抜け」と下五の「往く」が、重複した感じがいたしました。

また、火群ですので、闇を(抜ける)は、当たり前かも知れません。
丁寧に言葉を選択され、あまり沢山の情報を入れずとも、祭りの様を表現できるかと
存じます。

「那智の火祭り」を、中七に入れる手もありそうです。
提案句無くて、すみません。🙇

点数: 0

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

僕の為女の為に夏手を出す

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

早春を杣取る小屋の木屑の香

作者名 げばげば 回答数 : 5

投稿日時:

奴の顔浮く泉にや入水する

作者名 白南風 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『闇を抜け扇迎えの火群往く』 作者: 清水浩次
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ