俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

雨降るや芒種に肥の畑閏う

作者 三男  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

初めての参加ですがよろしくお願いいたします。

最新の添削

「雨降るや芒種に肥の畑閏う」の批評

回答者 ピンクよっちゃん

よろしくお願いします。
厳しくというご要望なので、ちょっと辛口でやらせていただきます。
季語の『芒種』は二十四気の一つ、今だと六月六日頃ですから、まさにタイムリーですね。本来これが主役となるべきですが、この句はそうなっていないと思います。
降る雨、芒種、肥(私は肥料だと思いました肥◯◯という穀物の意味だったらす済みません)、畑(しかも潤っている)次々と出てくる情報をイメージするだけで、読者は疲れてしまいそうです。
読み手の頭の中には、句の最後の景が残りますから、(この句の場合は潤っている畑)読者にしてみれば「さて、この畑が潤っているのは雨のためなのか、芒種のためなのか、それとも肥料のためなのか?」となってしまいます。「この句は結局なにが言いたいんだろう」と。
そうならないためには、まず情報の整理が必要だと思います。
ほとんどの場合、芒種は畑で行われますから『畑』は省けます。(厳密には稲の芒種もありますが田植え関係は他の季語がありますので、ここでは麦の芒種と考えます)
句の文脈からすると芒種が畑を潤したとも解せますが、表現として不自然さがありますので、雨の水分と肥料の養分で潤っているとしましょう。

「雨と肥の親しむ土に芒種かな」
あめとひのしたしむつちにぼうしゅかな

雨と肥料がいい具合に混じった「豊かな土」を読者にイメージしてもらい、最後にその土に(畑に)種を播いている姿が残るというわけです。
「潤う」は詩的なのですが、ありがちな言葉なので違う表現にしてみました。
提案句の良し悪しは別として、原句で使われている言葉、作者がイメージした映像を最大限活かしたつもりです。
少しでも参考にしていただければ幸いです。

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、ピンクよっちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「雨降るや芒種に肥の畑閏う」の批評

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★
★★

三男さま
よろしくお願いいたします。

読み方を確認させてください。
「あめふるやぼうしゅにこえのはたうるう」
でよろしいでしょうか。
今日は、芒のある植物の種を撒くと良いとされる芒種である。雨が降っているので、肥料を蒔いた畑が潤っていることよ。
そんな意味でしょうか。

光景を切り取られた句のようですが、報告に終わっている感じがします。
雨⇒潤う、当然ですし。
また、閏の文字を敢えて使う意味が、不勉強のためか、良く分かりませんでした。
閏年の芒種という意味を込めているのでしょうか。

初心者の私には、難しい句なのかも知れませんが、余情や詩情は感じませんでした。
感想ですみません。🙇

点数: 0

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

餞別は晴雨両用白日傘

作者名 かこ 回答数 : 0

投稿日時:

頭からがぶりと上司さんま食ふ

作者名 竜子 回答数 : 10

投稿日時:

冬の雨愛し孫かな七五三

作者名 堀籠美雪 回答数 : 6

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『雨降るや芒種に肥の畑閏う』 作者: 三男
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ