俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

行く春の校舎チューリップの花弁落ち

作者 上岡 たつき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

小学校のチューリップがいつの間にか枯れてしまっていました。子どもたちは十分に咲いている姿を見れてなかったろうに、と感じて詠んだ句です。
よろしくお願いします。

最新の添削

行く春や見る間も惜しむチューリップ

回答者 翔子

上岡たつき様
はじめまして。そうですよね💦私は環境整備の仕事をしているので、チューリップを咲き始めから散るまで見ていましたが、子ども達を待つ事なく散ってしまいましたね💦
そして提案句ですが、まだまだ精進しきれておりませんので、失礼かとも存じましたが、作らせて頂きました。宜しくお願い致します。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、翔子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

休校の花壇に開く夏の花

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★
★★

上岡 たつき様
お世話様です。

兼題で詠まれた句と存じます。
しっかり確認しないと、難しい季語かと存じます。

植物の世界、日を追うごとに様変わりしていますね。
殊に紫陽花の成長力に驚かされます。

御句、検討したいこと二点。
・季重なり、行く春・チューリップの是非
・植物の世界にコロナ禍はない

上岡さまのコメントを踏まえ、学校の門は閉じていても、夏の花は開くのだ。
という、やや前向きな句にしてみました。
作句の参考になれば幸いです。
尚、時間の経過を表現したく、開くを敢えて使ってみました。

添削になっておらず、すみません。🙇

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

行く春や落ちた花弁の赤白黄

回答者 ありすならひろせ

句の評価:
★★★★★

こんにちは
ひろせならありす 改め ありすならひろせ です。
情景が浮かぶ句ですね。
新入生のために植えられたチューリップ、子どもたちの目に触れぬまま散ってしまいました。
字余りになるのと 季重なりが気になり 考えてみました

チューリップといえば 
♪咲いた咲いたチューリップの花が 
並んだ並んだ赤白黄色♪   という歌が浮かびますので 色で表してみました
いかがでしょうか?

指摘事項: 字余り

点数: 1

添削のお礼として、ありすならひろせさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

レジ前の鼻腔に迫るおでんかな

作者名 腹井壮 回答数 : 15

投稿日時:

五月雨にうつらうつらと日もすがら

作者名 やまの はるか 回答数 : 1

投稿日時:

蟇雷雲の志

作者名 たーとるQ 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『行く春の校舎チューリップの花弁落ち』 作者: 上岡 たつき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ