俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

蕗の葉の苦味有りつつ母の味

作者 翔子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

田舎から送られてきた蕗の葉を、母親が調理して送ってくれました。苦い中に甘い味が…。味付けのせいだと思うが、ただ食べても甘みが少しはあるのかな?💦

最新の添削

「蕗の葉の苦味有りつつ母の味」の批評

回答者 石坂 紀子

掘籠様
私の母も料理上手で、季節の物は必ず食卓に出てきます。子供頃は特に苦味を感じながら食べたものです。
正に母の味ですね。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、石坂 紀子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「蕗の葉の苦味有りつつ母の味」の批評

回答者 陽陰

句の評価:
★★★★★

堀籠美幸様、初めまして。おふくろの味の蕗の葉ですか。いいですね。ほんのりとした苦みと香の調和を思い浮かべました。まだ俳句の良し悪しが分かる方ではないので俳句の批評は差し控えさせていただきますが、題材はとても良い気が致します。「苦み」と「母の味」から自分の母の厳しいながらの暖かい思いやりを思い出しました。

点数: 1

添削のお礼として、陽陰さんの俳句の感想を書いてください >>

「蕗の葉の苦味有りつつ母の味」の批評

回答者 陽陰

句の評価:
★★★★★

堀籠美雪様、「夏鴨やおにぎり分かつ老夫婦」のご批評有難う御座いました。ご指摘いただいた通り季語をもっと情景を浮かびだせるものに変えた方が良いのですね。いなだはまち様にも、その様にご指示いただきました。とても勉強に成ります。此れからも宜しくお願い致します。堀籠美雪様の投句も楽しみにしています。

点数: 1

添削のお礼として、陽陰さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

雨あがりゆらゆらゆらと花つつじ

作者名 くまた 回答数 : 1

投稿日時:

栗飯や粒を数えて競う癖

作者名 小西晴菜 回答数 : 3

投稿日時:

甘酒のボタンに準備中の文字

作者名 根津C太 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『蕗の葉の苦味有りつつ母の味』 作者: 翔子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ